読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Maxima で綴る数学の旅

紙と鉛筆の代わりに、数式処理システムMaxima / Macsyma を使って、数学を楽しみましょう

これは面白い! 過負荷に耐えるWebの作り方 ~国民的アイドルグループ選抜総選挙の舞台裏

その他

にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村

過負荷に耐えるWebの作り方 ~国民的アイドルグループ選抜総選挙の舞台裏 (Software Design plus)

過負荷に耐えるWebの作り方 ~国民的アイドルグループ選抜総選挙の舞台裏 (Software Design plus)

 

今年初めて丸善丸の内本店に行った際に購入した中の一冊です。

 

今回は数学の話題ではありませんが、この本、かなり面白く読むことができたので紹介します。「パイプドビッツ」が受注したAKB48総選挙投票システムの設計、構築、実運用の舞台裏を書いた本です。

 

AKB48の総選挙とは、ファンの人たちがCDを購入し、パッケージの中に入っている投票権を一票として、AKBメンバーへのファン投票をします。投票期間は2週間。期間後すぐに武道館で結果が発表されます。この2週間の間、投票を受け付けて記録し集計するシステム、それがこの本の主題です。

 

投票直後の集中的なアクセスを10000投票/秒と見積もり、それでもシステムダウンを起こさず、スムーズに投票出来るシステムをどうやって構築したら良いか、投票期間中ダウンタイム0をどうやって達成したら良いのか、分かり易く、多くのエンジニアのヒントになることが書かれています。

 

基本性能を出すための設計の仕方、品質基準から導くテスト方法、運用上の障害の想定の仕方と対処の設定方法、運用監視の考え方、実アラームへの対応の実際、2重投票や複数投票への対処設計、アラートへの対処の心構え、、、初物ミドルウェアを(性能や安定性など評価はした上でですが)使うなど、チャレンジもしながら、テストや運用では相当にしっかりした考えで準備がされており、参考になります。

 

著者の誇りが感じられる、読んでいて気持ちのよい本でした。

This is a test.
天気